今日のボードゲーム部

活動週イチの会社部活第八回目。
今日は四人いるメンツのうちN氏が仕事の都合で欠席。
ただ軽めのものを遊ぼうという趣旨だったので続行。

最初に遊んだのは部長がこの前買ったばかりだという『ドメモ』
前に遊んだ『チャオチャオ』同作者らしく、ルールも同様に単純でさっくりと終わる。
2~5人用で3人までと4人からとではルールが微妙に異なるらしい。
使用するのは、立てると反対側から数字が見えなくなる1~7の数字が描かれた牌。1は1枚、2は2枚、7は7枚といった感じで全28枚。

最初に7枚の手牌を「自分に見えないように」立て、他のメンツの牌などを参考に、手番で自分の手牌を推理するというもの。すべてを当てると抜けになる。
3人以下だと「外れるまで当て続けられる」というルールになるので、最初のターンで2枚ぐらいまで減ったりして、展開がめちゃくちゃ早い。

「あれ? これって麻雀2セットあれば萬子で代用できなくね? 索子とか筒子とか混ざってよければ1セットでできなくね?」

今回は牌に不備があったので(6の数字2枚に白っぽい色がついてるまさかの贋牌だった!)、その感想はましにまし。
シンプルで単純なので『ポーカー』『ブラックジャック』『神経衰弱』みたいな定番モノみたいにコンピューターRPGとかのミニゲーム向きかなーと思ったけど、対人じゃないと相手がチートに思えるから駄目かも。


次に遊んだのは競馬ゲーム『ロイヤルターフ』
近くで作業していた模型部からK氏をゲストに迎え4人でプレイ。
7頭の馬にチップを賭け後、双六的なレースで賭けた馬を勝たせるというのが概要。3レースでの配当金で勝利を競う。

プレイヤーは順番にダイスを振って馬を進ませる。動いた馬は、7頭の馬ぜんぶが動ききるまで動かせないので、7回の手番があって1ターンといったところか。
ダイスで良い目が出たら自分の賭けた馬を進ませ、悪い目が出たら賭けてない馬を(少しだけ)進ませるというのが基本スタイルになるので、複数のプレイヤーが賭けている人気馬は配当が低くなるが勝ちやすいというのは、競馬をゲームに上手く落とし込んでいると思う。
俺が常に賭けていた赤い子は不人気馬で、全然勝てなかった。
ぶっちぎりのビリだったのはともかく、2レース目終了で配当がマイナスいったのは酷すぎる。
ダントツのトップはゲストのK氏。
接待プレイなんて言葉はないですよ。それはもう、3レース目では総掛かりでK氏の足をひっぱって「ボードゲーム部が模型部をいじめてます」とか言われたぐらいに(笑)

自分のコマが明確に決まっておらず、他人の手番の影響が自分の有利不利にモロに影響出てくるあたり、通常の自分のコマだけ進める双六に比べて面白い。
馬が素数の7頭という点も、ターンの最初になるプレイヤーが順次入れ替わるということに繋がり、「賭けた馬が他プレイヤーに動かされっぱなしだった」という不満が残る状況を残さないあたり良く出来たシステムだと思う。
こっちは各プレイヤーの有利不利の思惑がわかりやすいし、相乗りして味方につけたりもしやすいので、コンピューターとかに落とし込んでも面白いかも。
俺的にはかなり気に入りました。

鋼鉄典範は色々応援しています。

ランス03 リーザス陥落 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! ランス9 ヘルマン革命 『相州戦神館學園 八命陣』に期待しています! Dies irae ~Amantes amentes~応援中! 創造webブラウザシミュレーションRPG『英雄クロニクル』2011/9/29サービス開始! スチームパンクシリーズ第5弾『紫影のソナーニル』応援中! レイルソフト第3弾『信天翁航海録』応援中! 『クロノベルト』応援中! 『エヴォリミット』応援中! (C)Alchemist 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ギャルゲシナリオデビュー作 香港中文版
プロフィール

麓川智之

Author:麓川智之
某ゲーム会社勤務。シナリオ書いたりスクリプト打ったり企画やったりしています。 趣味筆頭は読書なものの、文庫落ち待ち派でハードカバーは滅多に買いません。 じっさい文庫はけいざいだよ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
『アオイシロ』発売中!
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード