先日のボードゲーム部

活動週イチの会社部活第四回目。
今回は部長が大好きだという『バルバロッサ』をやってみた。
ボードやダイスやコマだけでなく、粘土(手が汚れるなどの関係でカラーの練り消しで代用)を使用するという、一風変ったゲームなので今回は写真もアップ。

バルバロッサ

これも賞を取ったことのある優秀なボードゲームとのこと。
やることの手順をざっと述べると以下の通り。

1.粘土をこねて「何か」の像を作り、紙にそれが何なのかを記述しておく。いわゆる固有名詞は不可。

2.時計回りの進行でプレイ。実際の年齢が一番若い人から始めるというのが面白い。

3.自分の手番では、ダイスを振るか、手持ちの宝石を減らしたぶんだけコマを進めるかの、どちらかを選ぶことができる。「宝石を得る」「他プレイヤーに得点」など移動先の指示に従う。「文字質問」と「質問」のマスが重用。

4.「文字質問」では、任意1体の像の名前に、特定の1文字が入っているかどうかを、制作者に尋ねることができる。メモを使用するので、他プレイヤーに結果が分からないのがポイント。

5.「質問」では「それは柔らかいものか?」「スーパーで売っているものか?」など「はい」「いいえ」「どちらともいえない」「わからない」で答えられる質問ができ、「いいえ」と返されるまで何度でも質問することができる。こちらの問答は他プレイヤーも聞くことができる。


まあ、簡単に説明すると「自分以外のプレイヤーが何を作ったのかを当てる」ゲーム。
当てると得点になるのは勿論として、ポイントになるのが「早く当てられるとマイナス点」「最後まで当てられないとさらにマイナス点」ということ。
この加減がなかなか難しいというか、慣れないとそんな加減できない。
出来不出来はプレイヤーの芸術的素養にもよるところが大きいので、やはり何をつくるかの選択が一番大きいと思う。粘土の色とのマッチングもけっこうカモフラージュになるかもしれない。
写真は見づらいだろうけど、俺が作ったのは赤い二体。
奧の丸っこいのが「クジラ」で手前の細長いのが「イモリ」。
両方ちゃんと当ててもらったおかげで、今回は活動四回目にして初の一位を取ることができました。元デザイナーの面目躍如だぜ。

そんな狙って勝ちに行きにくい性質もあって、これは得点を競う競技ゲーというよりは「似てねーよ!」「わかんねーよ!」とか騒ぎながらやるレクリエーションゲームだと思う。
全国のお父さんお母さん、こんなゲームはどうですか。
年齢若い順にスタートっていうのも、制作者のそういう意図なんだろうなーと思ったり。

鋼鉄典範は色々応援しています。

ランス03 リーザス陥落 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! ランス9 ヘルマン革命 『相州戦神館學園 八命陣』に期待しています! Dies irae ~Amantes amentes~応援中! 創造webブラウザシミュレーションRPG『英雄クロニクル』2011/9/29サービス開始! スチームパンクシリーズ第5弾『紫影のソナーニル』応援中! レイルソフト第3弾『信天翁航海録』応援中! 『クロノベルト』応援中! 『エヴォリミット』応援中! (C)Alchemist 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ギャルゲシナリオデビュー作 香港中文版
プロフィール

麓川智之

Author:麓川智之
某ゲーム会社勤務。シナリオ書いたりスクリプト打ったり企画やったりしています。 趣味筆頭は読書なものの、文庫落ち待ち派でハードカバーは滅多に買いません。 じっさい文庫はけいざいだよ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
『アオイシロ』発売中!
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード