目黒アミューズメントパーク vol.13

全部行ってるわけでもないけどもう十三回目。
AXBITESプレゼント企画のアミューズメントパークもずいぶんと続いたものだ。
今回のツアーも3/6~5/29の間に十六公演あるし、春だけでなく秋や冬にもツアーやってるし、ライブ回数だけならもう相当な数になっている我らがバイツ。
そんな彼らが何と久方ぶりに正規新音源を出しました。
それだけ活動してて六年も音源出さなかったってどうなんだ……。
ライブではお馴染みの『血と魂と誇り』はAmazonでも購入可能です。
さて、今回はそのレコ発ライブなわけなのですが。

今回は早めに家を出て、会場近くのカラオケでヒトカラデビュー。
一時間半ワンドリンク付きで六百円以下で収まったのは、なかなかのコストパフォーマンス。
ひとりなので遠慮無く、歌えそうにない歌とかも入れて、駄目なら「はい飛ばし飛ばし」と出来るのは悪くない。
あとメタル系は間奏長いのが多いので、そこまで歌って「はい飛ばし飛ばし」。
ガルネリの「Silent Revelation」とかはキーを下げるタイミングを間違えなければ、途中で落としてもそんなにおかしくないかもしれない。
逆に小野正利の「MURAMASA」は下げるタイミングがなさそうだ。サビ前の高い「眠りにつくその前に~今宵逝くがよい」は下げるとおかしいからなあ。
X-JAPANは「紅」は高音でないけど「X」とか「ENDLESS RAIN」とかはなんとか行ける。
全体的に先週兄様と行った時よりは声はまともに出た。
やっぱり定期的に出さないと駄目なんだなあ。
これからも二週に一度くらいのペースでヒトカラするか。

そんな感じで時間を調整して目黒LIVE STASION。
今回は待ち時間に流される曲はひたすらにRAGE。中でもキャッチーな曲連発で始まる前からジャーマン入門組な俺のメタルスピリットをゆさゆさと揺さぶってくれる。
出演バンドは四バンド。


■謎倶楽部
開演時間ぴったりの18:30からスタートのオープニングアクト。
どんなバンドかと思ったら、ARK STOEM・太田カツ氏のバンドだった。
G・Vo、六弦B、Drのシンプル極まりないトリオ編成。
しかし一音一音がしっかりしており密度が高く、音数的に物足りないなんてことはまったくないさすが合計百二十歳(笑)というベテランバンド。

曲はどちらかといえばNWOBHM以前の、オールドスクールならしい感じのメタルだったような気がする。
個人的にはメロ臭い以降のメタルが好きなんだけど、初見のライブの場合はノリが分かり易いこれはこれで。
Drをよく見せるためなのか、フロントふたりが左右にがっちりソデに寄って、真ん中に専属Voが立ちそうな勢いで空いて寂しかったので、もう少し立ち位置詰めていいと思った。


■CROSS VEIN
入れ替えの間に後ろの物販に行ってバイツの新譜やTシャツなどのグッズを購入、YAMA-BさんTsuiさんと話す。
Tsuiさんには自分の仕事の方でもお世話になったのでそのことのお礼も。
次回があったらロンギのKENさんとYAMA-Bさんのツインボーカルとかやりたいなあ。
話している間に照明が消え、俺は再び前へ。

このバンドは前回、フローライトを見に行った時の対バンだったので二回目か。
こちらは先程の謎倶楽部とはうって変わって、Vo,G,G,B,Key,Drの六人編成の大所帯。
目黒はお世辞にもステージ広いとはいえないので、みるからにみっしり。
今回ステージ前にお立ち台くっつけて拡張していたのはこのバンドのためか?

初っぱなからカミテ電飾ギターが鳴らないとか機材トラブルが発生。
三曲目から復帰して音に厚みが復活。
それでもVoの声も良く聞こえるし、ライブで楽しむ第一段階は楽々クリアしている。
今度はアンサンブルをきっちりやって、止める部分と鳴らす部分で音をぴしっと揃えれば、次の段階に進めると思う。
楽曲はいい意味で厨臭いキャッチーなものなので、音数を減らさずにタイトにまとまれば化けるはず。

今回はKeyの人のラストライブでもあったらしい。
脱退して何やるのかと思えば、デザインとかサイトの更新とか裏方仕事で関わっていくらしい。
確かにサイトは下手なメジャーのとこより凝っててきちんとしてるなあ。
メンバーの仲が良さそうなバンドには変な安心感があっていい。
そして変名バンド「くろす☆ぼいん」での活動……



コスプレまでして何やってるんですか(笑)
http://www.crossvein.net/


■処刑羅威堕亞
前回のvol.12に引き続き登場。こちらも見るのは二回目か。
何かこの入れ替えで違う客層の人達がどっと入ってくる。女性率高し。
目当てバンドの確認を取り、お立ち台前最前列を譲り後ろへ。
曲は前回でも感じた通り、いわゆる俺好みのメタルメタルした感じではない。
とはいえ初聞きでもノリやすいタイプで、得にラスト一曲前にやった曲なんかはかなり良い曲だと思う。
後ろに下がっていた俺も拳上げて何となくで声出してたよ。
そして隣で同様にしていたのはCROSS VEINのBの人だった。
http://skrider.net/


■AXBITES
そしてトリを努めるのは我らがバイツ。
レコ初だけに最初は音源の曲かと思いきや、東京初公開、バイツにしてから本番二度目というホカホカの新曲からスタート。
普通こういう新曲って音源に入ってるものじゃないですか?
今回の『血と魂と誇り』はミニアルバムなので、収録曲は三曲+ボーナスでうち一曲の英語版。
六年のライブで増え支えてきたバイツの持ち曲はまだまだある。
「英雄の条件」や「惑星」「全てが滅んだとしても」(はデモは持ってるけど)も早く正規音源で出してほしい。

そんなスタートを自らネタMCにしつつ和やかにライブスタート。
今日のIZOさんはアーミーパンツ・スタイル。
メロデス界のギターヒーロー、COBのアレキシ・ライホを意識したものなんだそうな。
そしてTsuiさんのマイクスタンドには赤い物体がいくつも張り付いている。
予備のピックをずらっと貼り付けてたりするのは、ギタリストなんかでは良く見られる光景ですが、Tsuiさんは指弾きのベーシスト。
その赤い物体が何かと言えば、驚きのプチトマト。
ライブの間中、隙あらば食べる食べる。
ちなみに逆サイドにIZOさんはトマトが苦手だそうです。仲間!
トマトソースなどの加工したものなら平気だというところにも親近感。仲間!

最初の謎倶楽部でも思ったけど、今回はPAが何か良かった。
YAMA-BさんとIZOさんのユニゾンとか音が凄くクリアに聞こえた。
ライブ自体は非常に良かった。
処刑羅威堕亞で帰ってしまった人たちは本当にもったいない。
ただ個人的には「惑星」「鋼鉄降臨」「獣」がないとちょっと物足りない。
まあ今回含め東京公演は都合三回あるので、きっとその都度セットリストは代えてくるんだろう。
次回は四月四日。
この日は対バンにLONGIUIS入ってたりと超素晴らしい組み合わせ。
まさに俺得。
他対バンもaphasia、Screaming Symphony、 Another Streamと目白押し。
http://www.axbites.com/

鋼鉄典範は色々応援しています。

ランス03 リーザス陥落 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! ランス9 ヘルマン革命 『相州戦神館學園 八命陣』に期待しています! Dies irae ~Amantes amentes~応援中! 創造webブラウザシミュレーションRPG『英雄クロニクル』2011/9/29サービス開始! スチームパンクシリーズ第5弾『紫影のソナーニル』応援中! レイルソフト第3弾『信天翁航海録』応援中! 『クロノベルト』応援中! 『エヴォリミット』応援中! (C)Alchemist 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ギャルゲシナリオデビュー作 香港中文版
プロフィール

麓川智之

Author:麓川智之
某ゲーム会社勤務。シナリオ書いたりスクリプト打ったり企画やったりしています。 趣味筆頭は読書なものの、文庫落ち待ち派でハードカバーは滅多に買いません。 じっさい文庫はけいざいだよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
『アオイシロ』発売中!
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード