長月を振り返る。

東京都民になってからすでに二十年オーバー。
毎年毎年、秋になると「あ、目黒のさんま祭り」と思い出した頃には終了していて、今まで一度も行ったことがなかったのですが、今年は無事に初参加できました。
見よ! このコミケにも匹敵しよう長蛇の待機列。
俺は4~5時間ほど並んていたような気がします。
美味かったからよし。
見ての通り、内蔵まできれいにぺろり。

ちなみに目黒にはさんま祭りが2つあって、俺が行った9/10の翌週に行われる方だと、台風時期の天候不順に加え、さんまが不漁とのことでニュースによれば冷凍ものも引っ張り出された模様。
9/10の方に行ってて良かった。
ふふふ、これが日頃の行いの結果か……

後日、昼食を食べに池袋の「ひもの屋」に行ったところ、普段ならワンコインで食べられるさんま定食がメニューから消えてました。
さんま不漁は厳しいなあ。

201709目黒さんま祭り

中盤には9/18の敬老の日を含む、土日月の三連休がありました。
そして計ったかのような台風18号の来襲。
事前の天気予報では土曜が曇り、日月は雨とのことだったので、とりあえず土曜に出かける予定を組んだところ、土曜は曇りのち雨で月曜日は見事なまでの晴天でした。
これが日頃の行いの結果か……

それで土曜日。雨の降り方によっては途中リタイアすることも念頭におきつつ、横浜まで行ってきました。歩きで。
途中で下調べしていた道から外れたり、雨に濡れたりもしたけれど、とりあえず何とか目標は達成。
前に横浜に行った時、食べられなかった小籠包を食べてきました。

今回、俺的に一番盛り上がったのは多摩川渡河のでっかい橋。
この規模の橋を徒歩で渡るのは何かテンション上がる。
天気が良ければもっと良かったんだろうけど。

帰りはさすがに電車で帰りました。
次行く時は自宅のある北池袋スタートではなく、通勤定期で行ける渋谷スタートにすれば、約2時間ぶんの時間と体力を横浜見物に突っ込めるので、そうしよう。

201709横浜

後半はTGSこと東京ゲームショウ。
東京と銘打ちつつ、開催場所は千葉の海浜幕張。
一応、業界人なのでビジネスディで参加してきました。
格好良いコンパニオンのお兄さんと一緒に写真を撮ってもらったり、コラボカフェで羊肉と健康プリンドリンクを食したりと、何か遊んでるだけのようにも見えますが仕事です。ビジネスディです。
バルガ充電チャレンジにも成功しました。あ、仕事です。ビジネスディです。

201709TGS

ところで、もう十月なのか!
どうもしないけど、どうしたものか!

新ルート開拓。

九月になりました。
お盆前は熱中症の話題も多く、今年は猛暑――と覚悟はしていたのですが、蓋を開けてみればお盆中は雨のおかげでそう暑くなく、厳しい残暑も今のところなし。
とりあえず、今年の夏は無事乗り切った、そう考えても良さそうです。

さて、今までは渋谷から新宿間の移動ルートは、原宿あたりの人の多さに辟易しつつ明治通りをひたすらまっすぐというルートを使っていたのですが、最近になって明治神宮の参道を通らせていただくというルートを開拓しました。

201708明治神宮参道

風通し良く、木陰も涼しく、緑の清涼感もあり、人通りが多い時もごみごみはしておらず、なんと言っても信号待ちがない。
これはなかなか良い感じなのではないでしょうか。


201708甘味2

目白の和菓子屋・甘味処「志むら」2回目いってきました。(左上)
限定は白桃・夏みかんから、ブルーベリー・ずんだに代わっており、ブルーベリーを選択。今回はトッピングの白玉とアイスも付けてみる。
アイスは単体で、ブルーベリーと、素のかき氷と混ぜて、ブルーベリーのかき氷と混ぜて、となかなか色々な味の変化が出せて良かった。
白玉は口直しにはいいけど、アイスほどありがたみはなかった。
かき氷は相変わらず美味く、粒がごろごろ入ったブルーベリーのソースも美味かったです。
それほどお安くなく、並ぶ店ですが、また行きたい。


近所の和菓子屋、御菓子司「亀屋」の水菓子とチーズケーキ。(右上)
大正12年創業という老舗の和菓子屋なのに、なぜかチーズケーキ。
普通に美味かったですが、やっぱり水菓子の方が美味かった……かな?

豊島区公認らしい「区内町御用達最中」なども売ってるので、次に東京土産が必要な時には購入してみようか迷う。
まあ、土産にする前に自分で実食しないと。
今度、店が開いてる時間に暇があったら、ちょっと足を伸ばしてみよう。
あ、ここの近くにフジワラという美味いパン屋もあります。


「Cocolo Tokyo Cake Factory」の濃厚チョコレートケーキ。(左下)
明治通り沿い、池袋から北池袋への帰り道にあるケーキ屋の一品。
何やら4層の異なるチョコでできてるのだとか。
確かに濃厚。なかなか美味い。
夏なのでアイスコーヒーで食べたけど、冬にホットのブラックで食べたい。


最近のマイブーム。(右下)
バニラのカップアイスの真ん中を掘って、そこに何倍か希釈が前提な濃縮タイプのポーションコーヒーをだばぁと投入。
言わばコーヒーフロートの逆バージョン?
まあ、外さないというか、マズくなる要素がない。

ちなみにラベルが見えませんが、アイスは森永のMOWです。
試してませんが、ロッテの爽とかだとちょっと水っぽくなって、俺の想定してる美味さにはならないかも。
濃縮コーヒーの強さに負けない、濃厚なミルク分強めのタイプが良いと思います。


201708俺飯2

夏の俺飯。
飯じゃないけど、栄養ドリンクをウイスキーと炭酸で割るの美味いです。
飲み屋でもレッドブル割りとかよく見かけるんで、オーソドックスな飲み方だと思います。
中国化薬のクロンミンバーモント割りは、あんまりオーソドックスではないと思いますが。

今回は扱いやすく食べやすい鶏の手羽元。
軽く焼き目を付けた後、人参・玉葱・茄子・ピーマン・セロリといった野菜と一緒にトマト缶で煮込む。
味付けは塩・黒胡椒・大蒜・生姜・唐辛子。
美味い。トマト缶は偉大だ……

煮汁は別に取っておき、後日に冷やし蕎麦の漬けたれとして再利用。
手羽元の皮&骨から出るコラーゲン効果なのか、ジュレ……というよりは煮凝り的に固まりかけており、そのせいでしっかりと蕎麦に絡みついてとても美味い。
去年やった「トマトケチャップをたれに混ぜる」が美味かったので、思いつきでやってみたんだけど、これはなかなかの当たりレシピなのでは……?

甘いもの。

甘いものは大好きだ。
和菓子の餡も、洋菓子のクリームもどちらも上等どんと来い。

とはいえそれらは総じてカロリーが高い。
なのでカロリーを補給するために食べるのではなく、好きなものを食べるためにカロリーを消費する今日この頃。
脂肪燃焼目的の有酸素運動も、基礎代謝アップ目的の筋トレも、すべてはそう、食べるために。

生物として本末転倒なような気がしないわけでもないけれど、生物の進化速度に対する、文明によるカロリー供給の高効率化がいちじるしく進歩しすぎなのが悪い。
時はまさにに飽食の時代。
あー、好きなだけ食っちゃ寝しても肥えず健康が維持される、都合のいい体質にならないかなー。


201708甘味

池袋駅周辺でよく行列ができている、チーズタルトのBAKEやアップルパイのRINGOや生どらやきのDOUと同じ系列のシュークリーム店「クロッカンシューザクザク」の一品。(左上)
こちらのソフトクリームを詰めたヒヤザクは、池袋店限定な上に、期間も7/9までの限定商品とのことなので、都合を付けて駆け込みで食べてみたところ、ご好評につき9/12まで延長とのこと。
アイスの本番は八月だし、そうなると思ってた!

中身が中身なので持ち帰り用の注文が不可なのはまだしも、店の前にはスタンド用の小さいテーブルがちょこっとあるだけで、落ち着いて食べられる状況じゃなかったのが残念と言えば残念。
せっかくの美味いものなので、じっくり堪能したかった。


目白の和菓子屋・甘味処「志むら」のかき氷。(右上)
いわゆるカップのかき氷なんかは、氷が細かい「粒」になっていると思いますが、プロのかき氷削り師が作ったかき氷には、口で「粒」と認識できるような塊は存在しません。
薄く削られた氷はまさに羽毛が如く。
抵抗なくスプーンが沈み、口に入れるやいなやスッと溶けます。
季節限定だという桃のソースもどろり濃厚で美味い。
夏みかんソースも限定らしいので、夏の間にもう一回ぐらいいきたいところだけれど、一番人気らしいオーソドックスな生苺や宇治金時も食べておきたいところ。
あまり並ばず食べられそうで、なおかつ時間に余裕のあるタイミングに、店の前を通りかかることができれば良いのですが。


有楽町駅近くにある「かごしま遊楽館」のイベント「かごしま百円茶屋」でいただいたもの。(左下)
名前の通り、お茶とお菓子のセットで100円。
長距離ウォーキングなどをしていると、このぐらいリーズナブルで立ち寄りやすい休憩所は非常にありがたく、常設してほしいぐらい。
いつもの好みで山芋のみの餡なしかるかんを選んでしまったけれど、せっかくだから普段食べないものにすれば良かった。
俺が通り掛かるタイミングで、またやってくれないかしらん。


謎のケーキもどきと謎のアイスもどき。(右下)
直接的には砂糖不使用。甘い素材はバナナやレーズンやブルベリージャムぐらいのため、チョコソースをかけてなお、あまり甘くならなかった。
とはいえ、これはこれで悪くはない。


201708鰻

もちろん甘いもの以外でも、美味いものは大好きです。
夏の鰻は旬じゃない?
旬じゃなくても美味いものは美味い。
メディア(平賀源内)の計略だと承知で、あえて乗っかってやるぜ。

池袋の鰻屋「まんまる」の数量限定まんまる丼は、この量でなんと1000円。
せっかくなので肝のせのトッピング(+230円)をしたけれど、しない方がストレートにコスパの高さを感じられただろうか。


201708俺飯

そして俺飯。
余り物を適当に寄せ集めた時の方が、品数が多くて豪勢に見える罠。
鶏の手羽先は安くて美味いけど、骨のパーツが多いのが難点。
いや、美味いんだけど。

ところで八月に入りましたが、今のところ比較的暑くなく、過ごしやすい日が続いています。
大きな反動がなければいいのですが。

最近のお気に入り

お気に入り201707

kiriクリームチーズ+ルヴァン(左上)
挟んで食べる!
シンプルにプレーンでもいいけど、ジャムなんかを入れてもよし!

東ハトのオールレーズンでkiriを挟んで食うと美味いとネットで話題になったりもしたけど、俺的にはこっちかな。
ルヴァンのサクッとした歯応えと、kiriのクリーミィな柔らかさとのコントラストがたまらなく美味い。
オールレーズンも美味いけど、しっとり+柔らかいで食感のギャップが薄いんだよね。

クラッカーは他にもあるけど、kiriがきっちり収まる四角い形状とか、厚さ(薄さ)とかの関係からルヴァンが今のところ一番かなー。

ただこれやると、1セットで100kcal近くになる。
食べ過ぎ注意。

http://www.bel-japon.com/kiri/
http://www.yamazaki-biscuits.co.jp/brand_nb/levain/

pokka sapporo お酒にプラス グレープフルーツ(右上)
なんと濃縮200%!
商品名通りお酒にプラスしてもいいけど、炭酸水とかで割ってグレープフルーツジュースにしても十分美味い。

炭酸水は常備に近い形で買うけど、あまりジュースの類は買わないので、何か味付きのものが飲みたい時はコレ。
原料由来以外の加糖もないので、普通にジュースを買って飲むよりは健康にも良いはず……
たぶん!

https://www.pokkasapporo-fb.jp/products/mixerdrink/mixerdrink/HC35.html

カスタードバニラヨーグルト(左下)
ヨーグルトはたいてい好きですが、最近のイチオシはコレ。
いわゆる食事に合わせたりするプレーンなヨーグルトではなく、デザート系のヨーグルト。

器に小分けせずに直食いすると、380gぜんぶペロッっと完食してしまうくらい美味い。
トータル334.4kcal……こいつは危険だぜ……

なお、うちの近所のBig-Aというディスカウント系スーパーで売っているのですが、それ以外の場所で売ってるのを見たことがない……
グーグル先生に訪ねてみたところ、他でも売ってるようなのですが。

http://www.marudai.jp/CGI/products/item/detail.cgi?itm_cd=00465

SAVAS WEIGHT DOWN(右下)
プロテイン。
朝食代りに朝はコレに、上記のkiriサンドとか何か適当に軽い固形物。

色々と飲み方を工夫してみた結果、

調整牛乳200nl+ブラックコーヒー100ml+バニラエッセンス数滴

これで割ると超美味いという感じに落ち着きました。
普通に常飲したいぐらい美味い。
弁えるけど。

こっちのソイとは別にホエイのココア味も買い置きしてあり、筋トレ後はそっちとか使い分けてるけど、どうもホエイの方は溶けが悪くてダマになりやすい。
個人的には味もこっちのソイの方が好きかなー。

http://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/weightdown.php

2017年も前半終了。

七月になりました。
すでに台風も上陸し、あまり梅雨を感じる間もなく夏という感じです。
この調子で、あっという間に秋になり、冬になるんだろうなぁ。
歳をとると時間の流れを早く感じるとはよく言ったもの。

というわけで、六月後半にまたひとつ齢を重ねてしまいました。
去年までは兄様が飯を奢ってくれていたのですが、仕事の関係で遠方へ転勤してしまい、今年は孤独のバース・デイ。

その代りといっては何ですが、両親から焼酎を送ってもらいました。

201706誕生祝いの焼酎
五本中四本は東酒造というメーカーの焼酎で、なんでも代表者の方は母上の同級生なのだそう。
色々と飲み比べて、違いの判る男になりたいものです。

201706俺飯
俺飯は相変わらず茶色い。
何か簡単で見栄えのいいレパートリーを増やしたいところ。

ピーマンを赤パプリカとかにすればいいんだろうか?
とはいえ、普通のピーマンの方がコンスタントに安売りしてくれるしなぁ。

五月終了。そして六月へ。

201705大塚バラ祭り

池袋駅の隣りにある大塚駅は都電荒川線との乗り換え駅でもあるわけですが、荒川線の大塚駅前停留場から向原停留場にかけての区間において、線路際にバラが咲き乱れる「大塚バラまつり」なるものが五月後半に催されておりました。
様々な品種、様々な色形のバラが間近に見られるわけですが、線路際の一般道なので当然ながら無料でした。お得!
春には桜並木も、最近駅前の整備もされたし、なかなか大塚も侮れないスポットだったりします。

201705中華街

それから某日、本好き仲間と中華街で飯食ってきました。
麻婆豆腐とかの単品じゃなく、本格的な中華コースを食べるのは何年ぶりのことか。
北京ダック、剥がした皮をパリッと焼いた鰻みたいな感じでバリバリ食べるものかと思ったら、粉物の皮に包まれてもちもちした感じなんすね……
青島ビールはウィルキンソンの炭酸みたいな感じで飲みやすかったです。

201705揚げ物を覚えた!

牛? 豚? 鶏?

――選択する必要などあるまい?
すべて食べれば良いのだ。

20170529_肉の日

というわけで、5月29日、肉の日でした。
肉のついでに、鶏の前身たる卵もドン!(プリン)

野菜で上げ底してはいるものの、この肉々しいまでの盛り具合よ……
うーん、明日からしばらく、少しばかり節制しないとなぁ。

20170529_肉の日メイキング

GW終了。

終了しました。
世の中には有給消化で延長戦に入ってる人もいたりしますが、俺的には終了です。
社会人として通常営業に適応していかないと……
まあ、カレンダー通りに月初の二日は出社したんで、そこまでひどい休みボケはしてないはずなんですが。

さて。
秋になると父が上京してくるのは毎年の恒例行事なのですが、今年は先月末からGW前半まで、母がやってきました。
琴伝流大正琴第32回全国大会なるものに参加することになったそうです。
28日(金)のNo44の組にいたはず。たぶん。おそらく。

母に付き合って、増上寺・東京タワーの展望台・六義園の園内・上野動物園・上野東照宮ぼたん苑なんかを見物して回りました。
動物園なんて何年ぶりどころか何十年ぶりというレベル。
そして東京暮らしも長いのに、東京タワーの展望台まで入るのは実は初だったりして。
やはり自分以外の人間と行動する方が、何かと世界が広がるようです。

201705外食
飯写真・外食編。

鹿児島の鰻に東京の鰻は勝てるのか!?(左上)
巣鴨にある骨抜きで有名らしい老舗・うな菊の鰻重。
丁寧に一本一本小骨を取り除き「皮はぱりぱり、中はふっくら柔らかく」とのことですが、俺の印象は天文館・末よしと比べるとさくさく軽い口当たり、という印象。
まあ、ピザでいうノーマルとクリスピー的な違いというか?
結論的にはどちらも美味い。それで良し。

薬膳レストラン10ZENの薬膳カレー3種とサラダバー。(右上)
写真には写ってないけど、デトックスのミニスープセットも。
鹿児島に帰るため羽田に向かう母と昼食を取った品川にある漢方ミュージアム併設の店で、こういう店にもひとりじゃまず入ろうとしないので貴重な体験。
カレー三種は甘口の野菜・普通の鳥・辛めの豚だったかな?
野菜はカレーというよりは、かぼちゃのポタージュに近い印象。
サラダバー500円はクコの実・かぼちゃの種・ナッツ類などそっち系のトッピングが豊富。
デトックスは如何にもな苦みがアクセントの辛めスープだったかな。
アレな話ですが、どれが効果的だったのかは不明ですが、その後数日とても快便だったと思う。
さすが薬膳。なるほど漢方。

こちらはGW前に寄った北大塚ラーメン。(左下)
以前、店の前を通りかかった時に列が出来ていて、同じく通りすがりの人たちが、
「あれ何の店?」
「チャーシュー大盛りで有名らしいよ」
的な会話をしていたのが聞こえてきて気になり、後にグーグル先生に訊ねてみることになった店。
確かにこれは良いチャーシューだ。
丸一個の玉子は追加トッピングで、チャーシューの下に本来の玉子半個は沈んでます。
最近の濃厚なパンチの効いたタイプではなく、昔ながらの醤油ラーメンという感じで美味かったです。

しんぱち食堂のさば文化干し定食(右下)
これで税込み720円也。
今まで「焼き魚食べたい!」となった時は、基本的にひもの屋一択だったのですが、最近しんぱち食堂が選択肢に加わりました。
今回は御徒町の店でしたが、新宿や浜松町の店も確認。
ついでにひもの屋の目黒店の場所も確認。
いろいろ選べる余地があることは良いことだ。
しかも炭火で焼いた魚をリーズナブルな値段で食べられるのはとても良いことだ。

201705内食
飯写真・内食編。
母にも振る舞う関係で、普段のひとり飯より手が込んでいたり、いなかったり。

メインが日光土産の湯葉なので、正確には中食と言うべきか。(左上)

叩いた梅と大葉を挟んで蒸したささみ。(右上)
見た目的にはいつのの焼いたささみとそんなに変わらないけど手間が違う。

ぶりの照り焼き。ちょっと味が濃かったけど上手くできた!(左下)
大根は出汁で煮た後に軽く焼き目をつけて、照り焼きのソースをかけたもの。
こういうメインだと、やはり白米が食べたくなる。

そしてひとり飯に戻ると、まあこんなもの。(右下)
豆腐と納豆で積極的に大豆をかぶらせていくスタイル。
納豆は味噌汁の中にブチ込んでなめこ汁っぽくしても美味いよね。

201705東御苑
で、GW後半というか最終日・日曜。
皇居の周辺を一周した後、東御苑にも入ってみました。
入り口で手荷物検査とかするあたりはさすが皇居。
手入れの行き届いた芝生もだだっ広く、トイレも綺麗で売店もある。
しかも何と言っても入園無料。
治安は間違いなく高レベルだろうし、近所の人にはなかなかの憩いスポットなのでは。
まあ、すぐ近くに日比谷公園とかもあるわけですが。

逝く花を惜しみ、萌える緑を愛でる。

今週の週末はあいにくの天気で土日とも午前中は雨が降ったりしましたが、午後にはとりあえず上がってくれました。
空の色は白に近い明るい灰色で、晴天ではありませんでしたが、それもまた良し。

201704法明寺

いつもの法明寺も一週間でこの通り。
ちょっと緑も混じり始めてますが、それもまたご愛敬。

201704巣鴨周辺と俺の飯

巣鴨駅周辺もようやく満開。(左上)
とりあえず今年の花見はこれにてひとまず終了。

今回の謎料理チャレンジ(左下)
うちのトースターはトーストに焦げ目を付けるのにも苦労するほど火力が弱いので、ちょっといいオーブンとか欲しくなったりしないこともない。

そしてブロッコリーを茹でてから他の具材と胡麻油とオイスターソースで炒めたりしたら、細かい粒の状態まで分解して見るも無惨な姿に……
少々やわく茹ですぎた模様。
とはいえ、オイスターソースのこってり感と、紅生姜の清涼感の組み合わせは悪くない感じ。

あと豚みそで食べるきゅうり美味い。(右下)
こちらも紅生姜でアクセント付けながら食べるとさらに美味い。

サクラ、サク、ウヅキ。

四月最初の週末ということで、花見に行ってきました。
土曜日は雨が降ってたりしたのですが、日曜日は雲が入りつつも持ち直し、まあまあの行楽日和。

201704花見_いつものご近所

最近寒かったせいか、巣鴨駅近くの桜並木はほぼ咲いていない感じ。(左上)

駒込にある六義園は職員さんが最後尾のプラカードを持つ盛況ぶり。(右上)
とりあえず今日のところはスルー。六義園は一応、入場料もかかりますしね!
夜になるとライトアップもやってるそうです。

時系列的には最後に訪問した場所ですが、いつもの池袋にある法明寺も花見にはちょっと早かった。(左下・右下)
屋台も数件出てましたが、この咲きっぷりだと「また来週~」って感じでしょうか。

201704花見_いいロング
201704花見_いいアップ

で、あちこちうろうろ、花見行脚をしてきたわけですが……

201704花見_上野

花見と言えば、やはり上野公園は大盛況。
桜に負けず劣らず、見渡す限り人も盛り沢山でした。
公園から少し離れた、東京芸術大学の赤煉瓦の建物と桜のマッチングもなかなかのもの。(右下)

201704花見_江戸川

そして今回のお目当ては上野から秋葉原、お茶の水、水道橋と神田川をぐぐっとさかのぼっての江戸川公園、川沿いの桜並木。
水辺というだけで、ロケーション効果は上野公園よりも高いと思うのです。
手前の桜と、対岸の桜の織りなす幻想的な立体感は、実地でないとなかなか伝わらないかと。

咲きっぷりも極上。堪能しました。
いいタイミングで行けて良かった江戸川公園。
また来年も行けたら足を運ぶことにしよう。そうしよう。

俺の飯201704

おまけ。いつもの飯写真。
余った蕎麦を紅生姜と一緒におあげに詰め込むのは、正月に帰省した際に母上に教わったもの。
あと、海童を飲み切りました。同じ芋焼酎でも赤霧島は海童より重い感じかも?

鋼鉄典範は色々応援しています。

ランス03 リーザス陥落 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! ランス9 ヘルマン革命 『相州戦神館學園 八命陣』に期待しています! Dies irae ~Amantes amentes~応援中! 創造webブラウザシミュレーションRPG『英雄クロニクル』2011/9/29サービス開始! スチームパンクシリーズ第5弾『紫影のソナーニル』応援中! レイルソフト第3弾『信天翁航海録』応援中! 『クロノベルト』応援中! 『エヴォリミット』応援中! (C)Alchemist 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ギャルゲシナリオデビュー作 香港中文版
プロフィール

麓川智之

Author:麓川智之
某ゲーム会社勤務。シナリオ書いたりスクリプト打ったり企画やったりしています。 趣味筆頭は読書なものの、文庫落ち待ち派でハードカバーは滅多に買いません。 じっさい文庫はけいざいだよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
『アオイシロ』発売中!
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード