五月終了。そして六月へ。

201705大塚バラ祭り

池袋駅の隣りにある大塚駅は都電荒川線との乗り換え駅でもあるわけですが、荒川線の大塚駅前停留場から向原停留場にかけての区間において、線路際にバラが咲き乱れる「大塚バラまつり」なるものが五月後半に催されておりました。
様々な品種、様々な色形のバラが間近に見られるわけですが、線路際の一般道なので当然ながら無料でした。お得!
春には桜並木も、最近駅前の整備もされたし、なかなか大塚も侮れないスポットだったりします。

201705中華街

それから某日、本好き仲間と中華街で飯食ってきました。
麻婆豆腐とかの単品じゃなく、本格的な中華コースを食べるのは何年ぶりのことか。
北京ダック、剥がした皮をパリッと焼いた鰻みたいな感じでバリバリ食べるものかと思ったら、粉物の皮に包まれてもちもちした感じなんすね……
青島ビールはウィルキンソンの炭酸みたいな感じで飲みやすかったです。

201705揚げ物を覚えた!

牛? 豚? 鶏?

――選択する必要などあるまい?
すべて食べれば良いのだ。

20170529_肉の日

というわけで、5月29日、肉の日でした。
肉のついでに、鶏の前身たる卵もドン!(プリン)

野菜で上げ底してはいるものの、この肉々しいまでの盛り具合よ……
うーん、明日からしばらく、少しばかり節制しないとなぁ。

20170529_肉の日メイキング

GW終了。

終了しました。
世の中には有給消化で延長戦に入ってる人もいたりしますが、俺的には終了です。
社会人として通常営業に適応していかないと……
まあ、カレンダー通りに月初の二日は出社したんで、そこまでひどい休みボケはしてないはずなんですが。

さて。
秋になると父が上京してくるのは毎年の恒例行事なのですが、今年は先月末からGW前半まで、母がやってきました。
琴伝流大正琴第32回全国大会なるものに参加することになったそうです。
28日(金)のNo44の組にいたはず。たぶん。おそらく。

母に付き合って、増上寺・東京タワーの展望台・六義園の園内・上野動物園・上野東照宮ぼたん苑なんかを見物して回りました。
動物園なんて何年ぶりどころか何十年ぶりというレベル。
そして東京暮らしも長いのに、東京タワーの展望台まで入るのは実は初だったりして。
やはり自分以外の人間と行動する方が、何かと世界が広がるようです。

201705外食
飯写真・外食編。

鹿児島の鰻に東京の鰻は勝てるのか!?(左上)
巣鴨にある骨抜きで有名らしい老舗・うな菊の鰻重。
丁寧に一本一本小骨を取り除き「皮はぱりぱり、中はふっくら柔らかく」とのことですが、俺の印象は天文館・末よしと比べるとさくさく軽い口当たり、という印象。
まあ、ピザでいうノーマルとクリスピー的な違いというか?
結論的にはどちらも美味い。それで良し。

薬膳レストラン10ZENの薬膳カレー3種とサラダバー。(右上)
写真には写ってないけど、デトックスのミニスープセットも。
鹿児島に帰るため羽田に向かう母と昼食を取った品川にある漢方ミュージアム併設の店で、こういう店にもひとりじゃまず入ろうとしないので貴重な体験。
カレー三種は甘口の野菜・普通の鳥・辛めの豚だったかな?
野菜はカレーというよりは、かぼちゃのポタージュに近い印象。
サラダバー500円はクコの実・かぼちゃの種・ナッツ類などそっち系のトッピングが豊富。
デトックスは如何にもな苦みがアクセントの辛めスープだったかな。
アレな話ですが、どれが効果的だったのかは不明ですが、その後数日とても快便だったと思う。
さすが薬膳。なるほど漢方。

こちらはGW前に寄った北大塚ラーメン。(左下)
以前、店の前を通りかかった時に列が出来ていて、同じく通りすがりの人たちが、
「あれ何の店?」
「チャーシュー大盛りで有名らしいよ」
的な会話をしていたのが聞こえてきて気になり、後にグーグル先生に訊ねてみることになった店。
確かにこれは良いチャーシューだ。
丸一個の玉子は追加トッピングで、チャーシューの下に本来の玉子半個は沈んでます。
最近の濃厚なパンチの効いたタイプではなく、昔ながらの醤油ラーメンという感じで美味かったです。

しんぱち食堂のさば文化干し定食(右下)
これで税込み720円也。
今まで「焼き魚食べたい!」となった時は、基本的にひもの屋一択だったのですが、最近しんぱち食堂が選択肢に加わりました。
今回は御徒町の店でしたが、新宿や浜松町の店も確認。
ついでにひもの屋の目黒店の場所も確認。
いろいろ選べる余地があることは良いことだ。
しかも炭火で焼いた魚をリーズナブルな値段で食べられるのはとても良いことだ。

201705内食
飯写真・内食編。
母にも振る舞う関係で、普段のひとり飯より手が込んでいたり、いなかったり。

メインが日光土産の湯葉なので、正確には中食と言うべきか。(左上)

叩いた梅と大葉を挟んで蒸したささみ。(右上)
見た目的にはいつのの焼いたささみとそんなに変わらないけど手間が違う。

ぶりの照り焼き。ちょっと味が濃かったけど上手くできた!(左下)
大根は出汁で煮た後に軽く焼き目をつけて、照り焼きのソースをかけたもの。
こういうメインだと、やはり白米が食べたくなる。

そしてひとり飯に戻ると、まあこんなもの。(右下)
豆腐と納豆で積極的に大豆をかぶらせていくスタイル。
納豆は味噌汁の中にブチ込んでなめこ汁っぽくしても美味いよね。

201705東御苑
で、GW後半というか最終日・日曜。
皇居の周辺を一周した後、東御苑にも入ってみました。
入り口で手荷物検査とかするあたりはさすが皇居。
手入れの行き届いた芝生もだだっ広く、トイレも綺麗で売店もある。
しかも何と言っても入園無料。
治安は間違いなく高レベルだろうし、近所の人にはなかなかの憩いスポットなのでは。
まあ、すぐ近くに日比谷公園とかもあるわけですが。

逝く花を惜しみ、萌える緑を愛でる。

今週の週末はあいにくの天気で土日とも午前中は雨が降ったりしましたが、午後にはとりあえず上がってくれました。
空の色は白に近い明るい灰色で、晴天ではありませんでしたが、それもまた良し。

201704法明寺

いつもの法明寺も一週間でこの通り。
ちょっと緑も混じり始めてますが、それもまたご愛敬。

201704巣鴨周辺と俺の飯

巣鴨駅周辺もようやく満開。(左上)
とりあえず今年の花見はこれにてひとまず終了。

今回の謎料理チャレンジ(左下)
うちのトースターはトーストに焦げ目を付けるのにも苦労するほど火力が弱いので、ちょっといいオーブンとか欲しくなったりしないこともない。

そしてブロッコリーを茹でてから他の具材と胡麻油とオイスターソースで炒めたりしたら、細かい粒の状態まで分解して見るも無惨な姿に……
少々やわく茹ですぎた模様。
とはいえ、オイスターソースのこってり感と、紅生姜の清涼感の組み合わせは悪くない感じ。

あと豚みそで食べるきゅうり美味い。(右下)
こちらも紅生姜でアクセント付けながら食べるとさらに美味い。

サクラ、サク、ウヅキ。

四月最初の週末ということで、花見に行ってきました。
土曜日は雨が降ってたりしたのですが、日曜日は雲が入りつつも持ち直し、まあまあの行楽日和。

201704花見_いつものご近所

最近寒かったせいか、巣鴨駅近くの桜並木はほぼ咲いていない感じ。(左上)

駒込にある六義園は職員さんが最後尾のプラカードを持つ盛況ぶり。(右上)
とりあえず今日のところはスルー。六義園は一応、入場料もかかりますしね!
夜になるとライトアップもやってるそうです。

時系列的には最後に訪問した場所ですが、いつもの池袋にある法明寺も花見にはちょっと早かった。(左下・右下)
屋台も数件出てましたが、この咲きっぷりだと「また来週~」って感じでしょうか。

201704花見_いいロング
201704花見_いいアップ

で、あちこちうろうろ、花見行脚をしてきたわけですが……

201704花見_上野

花見と言えば、やはり上野公園は大盛況。
桜に負けず劣らず、見渡す限り人も盛り沢山でした。
公園から少し離れた、東京芸術大学の赤煉瓦の建物と桜のマッチングもなかなかのもの。(右下)

201704花見_江戸川

そして今回のお目当ては上野から秋葉原、お茶の水、水道橋と神田川をぐぐっとさかのぼっての江戸川公園、川沿いの桜並木。
水辺というだけで、ロケーション効果は上野公園よりも高いと思うのです。
手前の桜と、対岸の桜の織りなす幻想的な立体感は、実地でないとなかなか伝わらないかと。

咲きっぷりも極上。堪能しました。
いいタイミングで行けて良かった江戸川公園。
また来年も行けたら足を運ぶことにしよう。そうしよう。

俺の飯201704

おまけ。いつもの飯写真。
余った蕎麦を紅生姜と一緒におあげに詰め込むのは、正月に帰省した際に母上に教わったもの。
あと、海童を飲み切りました。同じ芋焼酎でも赤霧島は海童より重い感じかも?

桜、桜、弥生の空は。

201703上野の桜

さて三月です。
品種や場所によっては、もう桜も咲き始めました。
某所のカワヅザクラなんかは、もうすっかり盛りを過ぎて、緑の若葉を萌やしておりました。
恒例の法明寺はまだ蕾もほころんでいないどころか、ほとんど枝と区別も付かないぐらい。
ソメイヨシノの桜並木は、俺の移動範囲内だと、まだどこも咲く様子もなく。
まあ、去年の花見が四月入ってからだったので、咲くのは再来週ぐらいからでしょうか。
上野の桜の品種は何でしょうね。

201703鰤と大根と鶏と酒

鮭も美味いが鰤も美味い。
鰤と大根のコンビネーションは素晴らしい。
最近になってようやく、美味い酒を飲むと美味い物が食いたくなり、美味いものを食うと美味い酒が飲みたくなるという、酒飲みの気持ちが多少わかってきたような気がします。
まあ、酒量はたいしたことないのですが。

40度のウイスキーの後だと、25度の焼酎が軽く感じる不思議!

如月某日

2017年1月の梅?

立春も過ぎ、あと一ヶ月ほど凌げば今年の冬も乗り切った、といった今日この頃。
携帯のカレンダーにある天気予報だと、今日は雪だるまマークがついてたりしますが。

2017年1月~2月のメシ

ところで、去年の11月頃からかの有名な養命酒を、就寝前に嗜みはじめました。
プラシーボかもしれませんが、身体の調子は全体的に悪くない感じ。
そして飲酒に対するハードルが下がったのか、今まで基本的に自宅では呑まなかったのですが、クリスマス過ぎから晩酌が習慣化しました。
まあ、ぐい呑みで1杯、多くて2杯程度なんで、飲酒量的にはまったく大したものじゃないんですが。

メシ食いながら少量呑むなら、どちらかと言えば辛口の方が合うのかしらん。

鹿児島に帰省した。

もう先週の事になりますが、4日から8日にかけて帰省してきました。
仙巌園に行ったり、維新ふるさと館に行ったり、ちょうど始まった天文館のミリオネーション2017を見たりして来ました。

201701鹿児島01

201701鹿児島02

201701鹿児島03

ついでに詣でた神社が三つ追加。
天文館にある、うなぎの末よし美味しかったです。

年を越す準備は出来た!

年越し蕎麦2016

さらば2016年! 良いお年を!

葱祭り開幕!

同僚に実家がふかやねぎを生産してるプログラマーがいます。
そのご厚意で葱ゲット!

口を封するシールには生産者名が入ってる、立派な太いふかやねぎ。
とある同僚は「今日は湯豆腐と一緒に」と言い、また別の同僚は「蓮根買って帰って天ぷらにしよう」と言い、俺は例のハナマサで買い置いてあった、豚バラを巻き付けて焼きました。
途中、料理酒をだばだばと投入して、蒸しの行程も入ってたりしますが。

味付けは基本は塩と黒胡椒。
皿に上げたあとに山椒を軽く振りかけて、皿の脇に山わさびと味噌を待機。
豚バラがけっこう油を出すので、山椒はいいアクセント。
味に変化を出したい時に、山わさびや味噌をお好みで。

201612葱祭り

美味い!

問題は、食べる時に尻の部分を押さえておかないと、伸縮する警棒みたいに葱がにゅっと飛び出すことぐらいか。
一口サイズに切っておけばいいんだけど、まな板も包丁も汚れるからなぁ。

さて、次はどうやって食べようか。
とりあえず今年の年越し蕎麦に葱が入るのはすでに決定事項。
それは疑うべくもない。

鋼鉄典範は色々応援しています。

ランス03 リーザス陥落 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! ランス9 ヘルマン革命 『相州戦神館學園 八命陣』に期待しています! Dies irae ~Amantes amentes~応援中! 創造webブラウザシミュレーションRPG『英雄クロニクル』2011/9/29サービス開始! スチームパンクシリーズ第5弾『紫影のソナーニル』応援中! レイルソフト第3弾『信天翁航海録』応援中! 『クロノベルト』応援中! 『エヴォリミット』応援中! (C)Alchemist 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ギャルゲシナリオデビュー作 香港中文版
プロフィール

麓川智之

Author:麓川智之
某ゲーム会社勤務。シナリオ書いたりスクリプト打ったり企画やったりしています。 趣味筆頭は読書なものの、文庫落ち待ち派でハードカバーは滅多に買いません。 じっさい文庫はけいざいだよ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
『アオイシロ』発売中!
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード