Ride of the Valkyries vol.1

先週末の6/7(日)、久しぶりにライブ観戦してきましたよ。
場所はお馴染み吉祥寺クレッシェンド。
参加バンドは出演順に、

LONGINUS
SIN FROM THE RESURRECTION(名古屋)
VALTHUS
Veiled in Scarlet(神戸)


の4バンド。楽しかった!
LONGINUSとVALTHUSのショウにはどちらにも元Albionの百合さんがゲスト参加でツインの曲を披露。
我らがロンギでは2ndアルバム『WORLD』のディスクユニオン購入特典曲“LEGEND OF WALKURE”というKENさん単体では再現不可の激レア曲を生で聴けて大変満足。
ちなみに2日過ぎた今でも声がしゃがれてます。
完全燃焼。

ところでこの頃スーパーで肉の50%OFF販売にエンカウントできません。
そんな俺のマイブームタンパク質は厚揚げ豆腐。
値段も安いしボリュームもあって満足度けっこう高いです。
厚揚げ豆腐・卵豆腐・もずく・カット洗浄済み野菜が四種の神器的な何か。

それから卵焼きはけっこういい感じに焼けるコツを覚えたのですが、
目玉焼きで美味そうなビジュアルが保てません。
水差して蓋して蒸すと、黄身の上に白い膜が張って色味が微妙な感じになるのですが、これ蓋したら駄目なんですかね。
うーむ。

久しぶりにCDで散財。

いつも色々とお世話になっているAmazonさんで「そろそろ陰陽座とかガルネリの新譜出るよー」と宣伝されていたので、久しぶりに「メタルCD買うのなら特典付がいいじゃない」disk unionに行ってきました。

我がメタル人生の始まりと共にある魂のバンド、HAMMERFALLの2014年発9thフルアルバム“(r)Evolution”が出てたことを店頭で知るなど、ものすごくアンテナが低くなっていたことに愕然としつつもちろん購入。
陰陽座・陰陽座・ガルネリ・ハマフォの安定4枚の他、何となく興味を持ったよく知らないバンドの音源を3枚購入。全部で7枚、締めて約約2万円なり。
どれもが当たりだと嬉しいのですが、さて。

7枚のCDとそのおまけ

ところでHR/HM専門誌BURRN!が30周年らしく、その推薦盤として10/18のラウドパーク14で来日するMANOWARのアルバムがお安くなっておりました。“KINGS OF METAL”は超おすすめです。

それからGUNBRIDGEの新譜が10/22に出るというニュースを発見。チェックしておこう。

今日のメタル

『RISING SUN』(METAL BLESS JAPAN / Black listed records)
このCDの純益は、東日本大震災復旧・復興の支援金として、全額寄付されます。
という36名のメタル闘志によるメタル賛歌をメインに持ってきたコンピアルバム。
詳しくはこちら。

前にユニオン行った時は売ってなかったので、結局Amazonで買ってしまったぜ。
忙しい時にはAmazonほど頼りになるものはないね。

シンプルだけど力強く何より熱い。
歌詞も歌も熱い。
我らがLONGINUSの中村拳一郎氏も参戦してるよ。
これもこれからREKIONと併走で仕事しながら聞き込む。

今日のメタル

『孤島が燃える / 無くならないもの』(REKION/自主制作CD-R)
REKIONの二曲入りシングル。
2011年夏コミ新譜。
冬コミ新譜の『刃 進み行く / 美しき瓦礫の山』から約半年で、GUNBRIDGEのDL専門販売を挟んだ上で新譜リリースというのはいいペース。
ちなみに土曜日に池袋、日曜日に新宿のdisk unionに足を運び、購入ならずという状況に業を煮やした直接通販ぶんがもう届いたよ。通販処理が早すぎる。

前回も同じ事を書いたけれど、今回もリフ・メロ・歌詞・歌唱と徹頭徹尾YAMA-B臭。
今回の「孤島が燃える」と「無くならないもの」は、歌詞を見る限り、表裏一体/破壊と再生的なコンセプトアルバム的に繋がった曲。

「牙無き狼は 飢えゆくのみ」(孤島が燃える)
「牙を取り戻した狼 獲物 求め 闇を裂く」(無くならないもの)


「掘り出したその糧は 我ら自身の生命そのもの」(孤島が燃える)
「掘り出された魂 恨みと願いの結晶
 古き骸 捨てた時 解き放つ その力」(無くならないもの)


漂う恨み節。
立ち上がる迫害されたもの。
ヒロイズムとセンチメンタリズムの同居。
前作よりも傑作2nd『瓦礫音』の頃に近い印象の、安心のYAMA-B節で満足です。
最近のREKIONキーワード的な“青白い気体”ですが、次はぜひとも“赤い花”との赤青競演を、瓦礫の音の仲立ちで果たして欲しいところ(笑)
まあまだ今日届いたばっかりなので、これからたっぷり聞き込ませていただきます。

今日のメタル

『EPSILON』(BLOOD STAIN CHILD / PONY CANYON)
ジャケのCG美女がシクエニのゲーム(というか近年のFF)みたいな5thアルバム。

前作から四年ぶりという期間の空きっぷりとか、男Voが抜けて代りに入って来たのがギリシア人女性Voだったりとか、かなりの路線変更があってもおかしくないんだけど、恐ろしいほどにブレず期待するBSCの音だった。

いや、実際はかなり毎回変化があるというか、初期はチルボド風だったのに前作ではインフレ系カラーを混ぜ、今回は"La+"とか明らかにインフレ色の方が強かったり、新女性Voソフィアのクリーントーンかなり多めだったりと、変わりまくりなんだけど。ちょっとだけORIGAっぽい感じの曲なんかは、女性Vo入らないと難しかっただろうし。

それでもやっぱりBSCの音に聞こえるのは、唯一無二のオリジネイターとしての売り、トランス+メタルというのがそれだけ強烈なんだろうなあ。"Dedicated to VIOLATOR"とかの飛翔感というか爽快感は、あつくるしい高揚感が売りの純メタルではなかなか出せないものだろうし。

とりあえずかなり満足の一枚だった。


『英雄クロニクル』cβテスター応募期間は7/28(木)14:00まで!

今日のメタル

『INFECTED』(HAMMERFALL/ワーナーミュージック・ジャパン)
通算8枚目。
ジャケットにハンマーフォール君(いつもの鎧の人に勝手につけた愛称)がいないことにまず違和感。
というか何でオブ・ザ・デッドな感じのジャケットなんだろう。
最近は新譜チェックとかしてなかったので、disk UNIONで危うくスルーしてしまうところだった。
"PATIENT ZERO"とか"ONR MORE TIME"とかじっくり聴けばいつものハマフォ節ではあるんだけど、微妙にアメリカ寄りのモダンな重さを狙ってる方に重心が多少傾いていて、全編通して手放しで好みの感じとはいいがたい。
EDGUYとかもそうだったなー。トビーのAVANTASIAは相変わらずでいいんだけど。
とりあえず、アルバムの中で一番気に入ったのが再録の"BLOOD BOUND"っていうのは少し残念に思う。
そういう物足りなさという点では感想は3rdに近いかもしれない。
2ndと4rhが最強最高に素晴らしいアルバムだからなぁ……。
とりあえず、次アルバムには是非ともハンマーフォール君を復帰させて欲しい。
あれはHELLOWEENのかぼちゃと一緒で、バンドのトレードマークとしてなくてはならないものだ。

今日のメタル

『Appetite for living』(GUNBRIDGE/ダウンロード販売専門)
約10ヶ月7ぶりのYAMA-B英詞メタルプロジェクトGUNBRIDGEの新音源。
蒐集癖のあるオタらしい現物派の俺には少々寂しいけれど、自宅にいながらにして(環境さえ整っていれば)気軽に入手可能な現状DL専売作品。
速さに偏らない、ドラマチックな力強さに重きを置いた楽曲で、クリアなトーンのメロディアスソロと、力強いディストーションのバッキングとギターだけでもとてもYAMA-Bらしい。
そこにヒーロー的なYAMA-Bならではの歌唱が乗るからどこを切ってもYAMA-B印。
アクセントで入るグロウルですらYAMA-Bらしい。
発声はガルネリ3rdの頃よりは2ndなどに近い、本来のYAMA-Bらしい感じなので、従来のガンブリと続けて聴いても違和感はない感じ。
ただ、まだ以前の『PRIVILEGE/MEANS TO LIVE』の時発言、

「ガンダムWで例えるなら、今回はサンドロックとヘヴィアームズみたいなものでして、良く解らないかも知れませんが、主役機ウィングガンダムに相当する楽曲が、まだある、と解釈してください」

から考えるに、この曲はWやゼロカスタムに例える――羽生えて飛んでるタイプの曲ではないため、まだ隠し球を残していると考察する。
早ければ夏コミあたりに新譜が出るか?

■YAMA-B’s Works Download Shop
http://www.eonet.ne.jp/~yama-b/pc/downloadpage.htm

Hope for JAPAN!!

日曜日は久々にロンギ出演ライヴ、S.O.R.Project presents Hope for JAPAN!!~東日本大震災復興支援LIVE~に行ってきた。
ロンギの……というか、ライヴ自体久しぶりだった。
五バンド出演だったけど、どのバンドもなかなか。
久しぶりに横隔膜をびりびりふるわせる大音量に合わせて身体を動かしたり、大声で叫んだりして大満足。

四番目出演の我らがLONGINUSは、今回は様々な都合でリーダーにしてベースのGさんがお休み。サポートBは、今回のチャリティライブ主催者で、普段は天狗櫻のBをやっている麻宮さんだ。そしてGさんは開幕のカーテン引っ張る係で会場にいたよ!
特別な時にしか演らないという"ELEGY"も演ったし五曲しっかり楽しめたけど、また近いうちに完全体勢のロンギが見たいものだ。

今回のトリはKIGHTS OF ROUND。円卓の騎士たちだ。
俺、けっこういろんなバンドを見てきたけど、客を煽る台詞が
「装備はいいかー!」(BGM/DRAGON QUEST3“冒険の旅”)
ってのは初めてみた。
そして客の装備は以下の写真。

エクスカリバー!

適当に携帯で撮ったんで、タイミング悪かったのかあんまり本数写ってないけど、事前に貸与されたエクスカリバーが会場の至る所で天を衝いてるんだぜ。
いい意味で馬鹿っぽくて最高だった。
思わず今日は会社で仕事しながらナイツの音源聴いてたし。

あー、それにしても土日はともかく今日は休み時間に絵が描けなかったなあ。
明日はちゃんと描こう。
そして今日の会社で終業間際に話してたネタについて、システム的に上手く落とし込めそうな案が思いついたから、今からまとめて明日はそれを提出してみよう。そうしよう。

追記:
ロンギのKENさんとMHP3のギルカ交換したよ。
そのうち一緒に狩りましょう!

今日のメタル

『STAND UP AND FIGHT』(TURISAS/Victor)
みんな大好きバトルメタル。『ヴィンランド・サガ』のお供に最適。
ギターとかのエッジは減って映画のサントラ的な感じと言えばそういう感じ。
特に初回限定版のDVDだと、スタジオでのアコースティックセッションなので、そこらのポップスよりもしっとりしてる。
でもやっぱりわくわくするんだな。素晴らしい。
いつも通りユニオンで買ったけど、Amazonで買った方が安かったかな。
特典が音源CD-Rとかじゃない場合はAmazonを使ってもいいかなあ。

「今日のAXBITESどやった?」「めっちゃポップやったでー!」

と、言えといわれた目黒アミューズメントパークvol.18「AXBITES vs EIZO JAPAN」へ行ってきました。
今日もライヴ前暖気独カラは、BIG ECHOで四十分待ちだったので断念……。
一度渋谷まで戻り、TSUTAYAの七階・コミックス売り場、六階・一般書籍売り場を見て回った後に再び目黒まで戻り、近場のマックでチーズバーガー+コーヒー計¥240也で時間を潰してから会場へ。
今日はさすがの組み合わせだけあって、会場はすし詰めのぎゅうぎゅう状態とまでは言わないものの、なかなかの大入り。
物販席にスタンバってたYAMA-Bさんと少し話した後、照明の暗転に伴い人の隙間を縫うようにして前方へ移動。
こういうとき、単独観戦は気楽だぜふはははは……ふはははははは……はぁ……。
18:00スタートのところ約四分押し。

■アマゾンリリー
オープニングアクトは静岡の「女だけの島」からやってきたという「アマゾン」の名にふさわしい設定のレディースバンド。
通常のDr(叩いてるのは男性……ではなく動物スーツに付鼻の犬/笑)だけでなく、コンゴドラムやタンバリンなどのパーカッション担当もいて、基本は明るめのハードロック。
Gの人も通常のギターだけでなく、VAN CANTOみたいなエフェクター通した口ギターもやっていたような……?
ジャネット・ジャクソンの"Black Cat"やボンジョビの"Livin' On A Prayer"のカバーなんかもやって、オープニング、しかも初東京にも関わらずかなり盛り上がりました。"Black Cat"は振り付けも観てて楽しかったな。
そしてアミューズメントパークに呼ばれるだけあって(?)トークも面白かった。もしかして、アントンさんのトーク審査とかあるんだろうか……?
明日二月十四日の聖ヴァレンティヌスの命日を前にして、アマゾクの男狩りの撒き餌――もとい、チョコ撒きなんかもやってくれました。
しかしステージ向かって右方面の方では誰かが「鬼は外、福は内」とか言ってたような(笑)

検索で発見アマゾンリリー動画

■DIVINE WIND
このバンドを観るのは二回目だったかな?
ハイトーンのスクリームを売り文句とするこのバンド、幕が下りている間の機材セッティングの時間にも楽器隊の音に混じってVoのシャウト発声が聞こえたりするのが、微笑ましいというか、真面目で好感が持てるというか……。
楽曲も演奏も及第点は行っているこのバンド、あえて欠点を挙げるとしたらステージパフォーマンスかなあ。
ステージ中央のフロントマンが両手塞がりがデフォのギタボである構成的に他のバンドよりも難しいんだろうけど、例えばツインG構成なのでピック側の手を細かく刻まなきゃいけないフレーズはもうひとりのGに割り振ってギタボの方は手が空く機会を多く作るとか、それ以外にもフォーメーションとかネック振りとか、できることはまだまだあると思う。
その辺は今回のメインアクト・AXBITESが音源をなかなか出さないツアーバンド(笑)だけあって、同じ構成でも上手いことやってるので参考にレベルアップしてほしい。
こういう対バン構成せ初見の客も多い場合、バンド側はとにかく客を煽ってなんぼのもんですよ。

■EIZO Japan
今日は直前まで日本橋三越シャウト塾をやっていたらしく、リハなしのぶっつけだったらしいけど、さすがに素晴らしい。
そうそうたる楽器隊に全然声負けしてないのは、さすがさかもとえいぞう先生と言うしかない。
基本的にガツガツ曲を演っていたはずなんだけど、トークもしっかり面白かった。本当に、さすがさかもとえいぞう先生と言うしかない。
そういえば全員メイクしてる中、上手GのIRONさんだけノーメークかと思いきや、ちゃんと頬に「EIZO-Japan」のペイントがしてあった。
途中でアニソンメタルカバーではない去年の冬コミ頒布のオリジナル曲"暁"も披露。
この曲は作曲・編曲に宮坂氏がクレジットされているため、イントロとかバッキングがかなりロンギ臭く、しかし歌メロはやっぱりさかもとえいぞう節で、さらにソロはIRON節が炸裂しているという、現EIZO Japan体制を手っ取り早く知るにはもってこいの曲かも。
今回、唯一残念なのは、音源ではYAMA-BとのツインVoをしてるので、この対バンならゲストも確実だろうと思われた"ムサシ!BUGEI伝!"と"勇気100%"は、曲はやったけどゲストなし。
まあ、リハなしじゃしょうがないなあ……またの機会に期待。

■AXBITES
そしてトリはMAP主催者AXBITES。
新年初ライブだけあって"鋼鉄降臨"や"獣"など大盤振る舞い。
そしてANTON前田さんのトークも大盤振る舞い。
氏曰く「AXBITESはポップバンド」だそうですよー。えー。
今回のTsuiさんいじり……もといTsuiさん情報は、「AXBITESメンバーの中で唯一ギターが弾けない!」とのこと。
フレットの間隔的にありえないのだそう。あと指弾きだからピックも無理らしい。
でもベーシストだし作曲もできるんだからいいじゃない。

鋼鉄典範は色々応援しています。

ランス03 リーザス陥落 相州戦神館學園 万仙陣 応援中! ランス9 ヘルマン革命 『相州戦神館學園 八命陣』に期待しています! Dies irae ~Amantes amentes~応援中! 創造webブラウザシミュレーションRPG『英雄クロニクル』2011/9/29サービス開始! スチームパンクシリーズ第5弾『紫影のソナーニル』応援中! レイルソフト第3弾『信天翁航海録』応援中! 『クロノベルト』応援中! 『エヴォリミット』応援中! (C)Alchemist 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 「アオイシロ」応援バナー 「アカイイト」応援バナー 「アカイイト」応援バナー ギャルゲシナリオデビュー作 香港中文版
プロフィール

麓川智之

Author:麓川智之
某ゲーム会社勤務。シナリオ書いたりスクリプト打ったり企画やったりしています。 趣味筆頭は読書なものの、文庫落ち待ち派でハードカバーは滅多に買いません。 じっさい文庫はけいざいだよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
『アオイシロ』発売中!
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード